So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【重要】ブログ移転のお知らせ



 容量がいっぱいになってしまったので、新しいブログに引っ越します。
 新ブログはこちら。

 http://nekoyanagi-photo2.blog.so-net.ne.jp/
 
 ブックマークしている方は、登録し直していだだければと思います。
nice!(4)  コメント(1) 

成増という街 [小さな旅]

130528.JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 このブログの容量がいっぱいになってしまったので、引っ越すことにする。
 引っ越すと言っても、so-netブログは同一アカウントで五つまでブログが立てられるので、手狭になった家を増築するような感覚である。 

 ここでの最後の投稿は、成増という街の写真である。
 私の家は中野区にあり、中野駅から練馬駅行きのバスに乗ってしばしば練馬に出る。いつだったか、練馬から成増に行くバスがあることを知ったので、行ってみることにした。
 自宅最寄のバス停から練馬駅北口までは二十分(京王バス)、練馬駅北口から成増町(なりますちょう)までは三十分ほど(西武バス)かかる。成増町停留所はは、東京メトロ有楽町線成増駅の出口近くの川越街道沿いにあり、東武東上線成増駅まで歩いてすぐである。

130528 (2).JPG

 実は、この街は初めてである。
 行政上は板橋区。

130528 (3).JPG

 まずは、駅の南側をうろつく。

130528 (4).JPG


130528 (5).JPG


130528 (6).JPG


130528 (7).JPG


130528 (8).JPG


130528 (9).JPG


130528 (10).JPG


130528 (11).JPG

 線路を渡って北側をうろつく。

130528 (12).JPG


130528 (13).JPG


130528 (14).JPG


  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(5)  コメント(0) 

はじめての北海道 後 [小さな旅]

130518 (21).JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 披露宴の後、二次会に流れ、三次会は先輩お勧めの「ラムシャブ」の店だった。
 私は日本酒が好きなので、グラスで頼んだのだが、運ばれて来たのは四合瓶である。誰も日本酒を飲まないので、一人ですべて飲んでしまった。
 お開きは、十一時過ぎだった。歩いてホテルに帰ろうと歩いていたら、路面電車の駅に出た。ホテルを通り過ぎてしまったらしい。酔いのせいだろう。
 しかし、まだ少し飲みたい。近くにスーパーがあったから、少量のアルコールとつまみを買って、ホテルで飲んだ。
 翌朝はひどい二日酔いである。
 観光の時間を確保するために、夕方の飛行機を取ってある。どうするべいと同行者と相談した挙句、円山公園というところに行ってみるいことにした。

130518 (22).JPG

 地下鉄の駅から公園まで、人の波が途絶えることがなかった。これは、おかしい。大東京新宿の御苑でも人の波は途切れる。
 公園に行ってみてわかった。桜の林の下で、ジンギスカンを焼いて花見をしているのである。北海道の春は、遅いのだ。

130518 (23).JPG

 まさに奇観というべし。
 老いも若きも、熱した鉄の上で羊の肉を焼いている。煙がもうもうと上がる。

130518 (24).JPG

 ケモノの臭いが立ち込める先に、北海道大神宮が鎮座する。

130518 (25).JPG


130518 (26).JPG


130518 (27).JPG


130518 (28).JPG

 この桜並木の脇でも、ジンギスカンを焼いていた。
 ひどい二日酔いで、食欲がなかったのだが、羊の肉を焼く煙にいぶされているうちに、腹が減って来た。人の好さそうな一団を見つけて千円くらい払えば、それなりに食わせてくれるだとうなどとくだらないことを話し合いはしたが、やはり常識人なのでそういうことは出来かねる。
 すすきのに移動してジンギスカンを食わせる店を探したが、なかなか見つからない。狸小路の銀座ライオンという、東京にもある店の前を通ったら、ランチでジンギスカン定食というのがあったので、入って食った。ライスのおかわりをしたのだが、おかわり代を取られなかった。サービスなのだろう。

130518 (29).JPG

 新千歳空港に移動するまで少し時間があるので、駅にくっ付いているJRタワーに登る。

130518 (30).JPG


130518 (31).JPG


130518 (32).JPG


130518 (33).JPG


130518 (35).JPG

 駅の入り口には、大泉洋酒宴の「探偵はバーにいる2」で使われた車が展示されていた。

  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(8)  コメント(2) 

はじめての北海道 前 [小さな旅]

130518.JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 北海道に行くには津軽海峡を渡らねばならない。
 一般に、東京から北海道に行くには飛行機に乗らなければならない。私は飛行機が怖いので、今まで北海道には行ったことがなかった。
 大学時代の友人である甘木は、東京で四年間酒ばかり飲んでいたが、すんなり卒業して故郷の北海道に帰った。酒で体を壊して帰ったわけではく、就職のために帰ったのである。その甘木が結婚したので、披露宴に招かれた。
 土曜日にやるという。土曜は金曜の翌日で、金曜は仕事がある。津軽海峡の底にはトンネルがあって、そこを電車が通るらしいから、仕事がなければ、電車で行きたい。しかし、金曜に仕事を終えて出発したのでは、時間の都合が合わない。土曜の朝一番に出ても、札幌での披露宴に間に合いそうにない。
 ほかでもない甘木の披露宴だから、恐ろしくても飛行機に乗らなければならなくなってしまった。  

130518 (2).JPG

 羽田空港。
 
130518 (3).JPG

 ロビーで搭乗を待つ人々は平然としている。
 私も真似をして平然としていたが、飛行機が地上から離れた後にトラブルがあったらどうしようということばかり考えていた。 

130518 (4).JPG

 飛行機は新千歳空港に無事着陸した。
 電車で札幌に向かう。
 披露宴まで時間があるので、札幌の市内を歩いてみた。
 まずは、北海道庁旧本庁舎。

130518 (5).JPG

 馬がいる。

130518 (6).JPG

 こういうのを見ると、北海道に来たことを実感する。

130518 (7).JPG

 時計台は、小高い丘の林の中にあるのかと思っていたが、ビルの狭間にぽつりと佇んでいる。後で人に聞いたら、がっかりする観光地ナンバーワンなのだとか。

130518 (8).JPG

 テレビ塔。

130518 (9).JPG

 大通公園。

130518 (10).JPG

 すすきのの「すみれ」なる店で昼食。
 味噌ラーメンの大盛にして九百円。油が熱くて、あまり味がわからなかった。

130518 (11).JPG

 有名なすすきのビルのひげのおじさん。

130518 (12).JPG

 時計台も大通公園もついでである。
 札幌で、必ず行きたかったのが北海道大学だ。
 学生がジンギスカンを焼いてコンパをしていた。狭い我が母校でこんなことをやったら、叱られてしまう。大学構内でこういうことが出来るというのは、幸せなことである。

130518 (13).JPG

 建物と建物の間隔が広くて、解放感のあるキャンパスだ。

130518 (14).JPG


130518 (15).JPG

 学生は自転車で移動する。

130518 (16).JPG

 ポプラ並木。

130518 (17).JPG

 ポプラ並木の奥が開けていて、牛が草を食んでいた。

130518 (18).JPG


130518 (19).JPG

 夕方から披露宴。
 北海道の披露宴は会費制である。受付で一万五千円を払って、ご祝儀というものはない。私は大学の頃、甘木にこの話を聞いて以来、北海道は披露宴の先進国だと考えてる。
 だいたい、「内地」の披露宴というのは、祝儀の相場が三万円だとか、お金がなくて二万円にする場合でも割り切れる数字は嫌われるので一万円札と五千円札二枚で出せとか、ピン札でなければならないだとか、まったく馬鹿馬鹿しいことになっている。
 私は、披露宴を「会費制」と「祝儀制」に分類し、「祝儀制」が呼ばれた側に負担を強いる制度であるかと批判し、北海道流の「会費制」が今の時代にふさわしいものなのだといろいろなところで主張しているのだが、私の主張を聞いているはずの者でも平気で「祝儀制」を採用し、招待状を送って来るから困る。

130518 (20).JPG

 二次会会場の脇に、こんな看板が。
 これは、東京で小さく展開しているモツ焼き屋で、甘木とよく飲んだ店である。札幌に出店していたとは。
 二次会の会費は三千五百円だった。「内地」の二次会は七千円とか八千円取ることが多いから、二次会の会費もよかったと思う。やはり「内地」の人間は、北海道を見習うべきだと思う。

  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(6)  コメント(0) 

福島県柳津町の晩い春 後 [小さな旅]

130505 (16).JPG

 門前町から只見川のほとりへ出てみる。

130505 (17).JPG


130505 (18).JPG

 この淵には国の天然記念物になっているウグイが住む。
 その昔、弘法大師が本尊を掘ったときに出た削りかすが、ウグイになったという言い伝えがあるのだそうだ。

130505 (19).JPG


130505 (20).JPG

 川岸に遊歩道が整備されているので、歩いてみる。

130505 (21).JPG


130505 (22).JPG


130505 (23).JPG

 ほっとinやないづというドライブインのような施設があり、そこを抜けると観光物産館清柳苑と斎藤清美術館がある。
 斎藤清美術館を拝観した。
 斎藤は版画家である。柳津の隣町である坂下(ばんげ)生まれで、晩年は柳津に住んだ。そういう縁で、柳津が町立の美術館を作ったのだろう。
 私は、この人の版画が好きなんだな。「会津の冬」というシリーズがいい。

130505 (24).JPG

 来た道を戻る。

130505 (25).JPG

 夏に行きそびれた圓蔵寺の奥ノ院に詣でようと思う。

130505 (26).JPG

 圓蔵寺の境内を下りて、小道を挟んだ小高いところに建っている。

130505 (27).JPG

 弁天堂というから、弁天様が祀られているのだろう。
 静かな御堂である。

130505 (28).JPG

 圓蔵寺に戻ろうと石段を登っていたら、遠くに電車が走っているのが見えた。もちろん、只見線である。

  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(6)  コメント(0) 

福島県柳津町の晩い春 前 [小さな旅]

 五月の連休の写真を、今頃になってお届けする。
 どうも最近、精神的に疲れ切ってしまっていて、写真にまで気が回らないでいる。由々しきことである。

130505.JPG

 車がほとんど通らない峠道を抜けて柳津町に向った。
 名も知らぬダムがあった。

130505 (2).JPG

 ひっそりとたたずむ御堂。
 山の中の小さな集落である。

130505 (3).JPG

 山に囲まれた田んぼ。

130505 (4).JPG

 JR只見線の線路。

130505 (5).JPG

 昨夏にも行った、福満虚空蔵尊圓蔵寺。

130505 (6).JPG

 桜は、まだ完全に散ってはいなかった。

130505 (7).JPG


130505 (8).JPG

 日陰には雪も残っている。

130505 (9).JPG


130505 (10).JPG


130505 (11).JPG

 本堂は崖、というより巨大な岩の上に建っていて、そこから只見川が見下ろせる。

130505 (12).JPG


130505 (13).JPG

 門前町に下りる。

130505 (14).JPG


130505 (15).JPG


  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(6)  コメント(0) 

北国の春(の終わり) 後

130504 (10).JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

130504 (11).JPG

 昨年も来た菜の花畑。
 誰もいなかった。菜の花畑を独り占めしたのだ。

130504 (12).JPG


130504 (13).JPG


130504 (14).JPG


130504 (15).JPG

 地元では有名な桜。
 もう、ほんとうに、残っている花びらは少なかった。春の終わりを見ている。

130504 (17).JPG

 野口英世の母シカが、息子のことを祈ったお寺である。

130504 (18).JPG


130504 (19).JPG


130504 (20).JPG


  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(4)  コメント(0) 

北国の春(の終わり) 前 [小さな旅]

130504.JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ここのところ、帰りが遅く、ブログの更新にまで手が回らない日が続いている。生きているので、そのへんのことを心配しておられる方は、ご安心願いたい。
 さて、ゴールデン・ウィークに東北某県に行ったときの写真をお届けしたい。桜を撮りに行ったのではないが、どうしても桜にカメラが向いてしまう。

130504 (2).JPG

 ある神社の境内にある桜。
 ソメイヨシノではない。八重系の桜である。

130504 (3).JPG


130504 (4).JPG


130504 (5).JPG


130504 (6).JPG

 「種まき桜」というから、種を植える指標になった桜なのだろう。
 地元でもそこまで有名ではないらしいが、見たところ樹齢も長く、満開の時期は見応えがありそうだ。

130504 (7).JPG


130504 (8).JPG


130504 (9).JPG


  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(4)  コメント(0) 

ローカル線を撮る [その他]

130504.JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ゴールデンウィークに福島県に行った。テレビを見ていると、ある写真家が田舎の鉄道を撮影する番組をやっていて、そういえば近くを国鉄の只見線が走っているから、撮りに行ってみようと思い立った。

130504 (2).JPG


130504 (3).JPG

 磐梯山を背景に。

130504 (4).JPG


130504 (5).JPG

 菜の花が咲いていた。
 もう少し幻想的に仕上げたかったのだが、何分初めての鉄道撮影なので、思うようにいかなかった。

130504 (6).JPG


130504 (7).JPG


130504 (8).JPG


130504 (9).JPG


130504 (10).JPG




  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(5)  コメント(0) 

観桜記――桜散る散る…… [桜]

130405.JPG

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 長きに渡って連載して来た「観桜記」も、桜が散ってしまってはもうお開きにしなければならない。
 今年は桜の開花が例年より早く、四月頭にはもう葉桜になってしまっていた。散る桜もまたよいものなのであって、何か所か撮りに行きたい場所があったのだが時間がなく、近くの哲学堂公園に出かけた。
 ほとんど散ってしまっていたが、枝にはまだいくらかの花びらがついていた。こういう状態の桜を見に来る人はほとんどいない。つい数日前までは観桜の人で賑わっていたのに、なんだかさみしいものである。

130405 (2).JPG


130405 (3).JPG


130405 (4).JPG


130405 (5).JPG


130405 (6).JPG


130405 (7).JPG


130405 (8).JPG


130405 (9).JPG


130405 (10).JPG


130405 (11).JPG


130405 (12).JPG


  ↓  ↓  ↓
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
■ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしていただくと、ランキングが上がって励みになります。■
nice!(7)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます